配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテム【Uber Eara(ウーバーイーツ)】

配達パートナーを始めるのに揃えておきたい必要な配達アイテム【Uber Eats(ウーバーイーツ)/出前館】

プロモーションを含みます。

PR
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
 「フードデリバリーを始めるのに揃えておきたい配達アイテムはなんだろ?」

Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館といったフードデリバリーサービスの配達パートナーを始めるのに配達車両(自転車・バイク・軽貨物)の他にも配達するための配達アイテムが必要になります。

本記事では、配達するために揃えておきたい配達アイテムを紹介していきます。便利な配達アイテムを揃えることで、配達の効率化に繋がり、売上UPにも期待ができます。ぜひ、今回紹介する配達アイテムを揃えてフードデリバリーを始めましょう。

この記事でわかること
  • 配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテム
目次

Wolt 配達パートナー募集

配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテム

配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテム

揃えておきたい配達アイテム 使い方
配達バッグ 商品を配達するのに入れるバッグ。保温保冷機能がついてるバッグを使用しましょう。
スマートフォン フードデリバリーのアプリを使うのに必要です。
スマホホルダー スマホを自転車やバイクに固定するために必要です。
モバイルバッテリー 配達中にスマホの充電が切れたら一大事です。モバイルバッテリーは持ち運ぶようにしましょう。
サバイバルシート バッグに入れた商品の隙間を埋めるのに活躍します。タオルなどで代用可。
緩衝材 バッグの底に仕込めば荷崩れ防止や隙間埋めにも役立ちます。

配達パートナーを始めるのに必ず必要になるのが「配達バッグ」と「スマートフォン」です。それ以外の配達グッズも配達するのに非常に役立つので、すべて揃えておくことをオススメします。それでは、配達グッズを紹介していきます。

❶配達バッグ

配達バッグ(Uber バッグ)

  • 配達する商品を入れるために必要
  • 保温保冷機能がついている配達バッグを使おう
  • とりあえず、Uber バッグを購入しておけば間違いない

配達バッグは、フードデリバリーで商品を配達するために必要になります。配達バッグの指定はありませんが、Uber Eats 配達バッグのように保温保冷機能が備わった配達バッグを推奨します。

仮に、Uber Eats をこれから始めるのであれば、Uber Eats 配達バッグの購入をオススメします。デリバリーに特化した配達バッグなので、非常に使い易くいかなる状況にも対応できる仕様になっています。

 【組み立て方や使い方】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達バッグを徹底解説【2-WAYコンパクト配達バッグ含め】

 フードデリバリーの配達で使えるオススメな配達バッグを徹底解説【比較まとめ】

❷スマートフォン

スマートフォン

  • フードデリバリーを始めるのに必須
  • オファーの受諾や配達先の地図案内まで活躍は多岐に渡ります

スマートフォンは、注文のオファーを受けるのに専用のアプリを使うので必須の配達アイテムです。オファーの受諾から配達先までの地図案内まで、その活躍は多岐に渡ります。

❸スマホホルダー

カエディアのスマホホルダー

  • スマホを自転車やバイクに固定できる
  • タッチで固定できるスマホホルダーがおすすめ

スマホホルダーは、自転車やバイクにスマホを固定することができます。自転車やバイクで、片手にスマホを持つことは非常に危険ですし道路交通法違反です。スマホホルダーでスマホを固定しましょう。なるべくなら、スマホを置くと自動で固定してくれるスマホホルダーがオススメです。

❹モバイルバッテリー

モバイルバッテリー

  • スマホの充電するのに役立つ
  • ケーブルは長いと便利

配達するのに必須なスマホを配達中に充電切れになってしまったら一大事です。小型のものでもいいので、モバイルバッテリーは準備しておきましょう。ケーブルは長いものを用意しておくと、充電がしやすいです。

❺サバイバルシート(隙間埋め用)

サバイバルシート

  • 配達バッグに入れた商品の隙間を埋めるのに活躍
  • カサカサと音がしないタイプがおすすめ

サバイバルシートは、配達バッグに入れた商品の隙間を埋めるのに役立ちます。配達バッグと商品の間に隙間があると配達中の些細な振動で商品が荷崩れしてしまう恐れがあります。そこをサバイバルシートで隙間を埋めてあげます。

サバイバルシートは、大きいので写真のように切り分けるといいでしょう。3等分くらいがベストです。サバイバルシートの他にタオル等で代用することも可能です。

created by Rinker
エコライドワールド(Eco Ride World)

❻緩衝材

緩衝材

  • より安全に配達したい方向け
  • 配達バッグ固定組は推奨
  • 商品の隙間を埋めるのにも活躍

緩衝材は、写真のように配達バッグの底にセットすれば、配達中に起こる振動を和らげてくれるので、商品の荷崩れが起きにくくなります。それ以外の使い方として、サバイバルシートのように隙間を埋めるのにも活躍するので、持っておいて損はしないでしょう。

⑦スマホ周辺ガジェット

保護フィルム

スマホの保護フィルム

配達中は、誰しもがスマホを落とす経験をします。Uber Eats はスマホを使って配達先や連絡を入れるので、最低限でも画面に保護フィルムを貼り、液晶割れ対策をしておきましょう。

スマホケース

スマホケース

保護フィルム同様、スマホにはスマホケースを付けておきましょう。スマホを落とすと、液晶割れ以外にも、スマホ本体の故障に繋がってしまいます。スマホケースを付け、少しでも故障になってしまうのを防ぐようにしましょう。

ストラップ

スマホのストラップ

ストラップをつけると、スマホを落としてしまう確率を下げてくれます。ストラップ部分を指にかけておけば、万が一、スマホを落としそうになった時の助けになってくれます。

出前館配達員募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの揃えておきたい配達アイテム

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの揃えておきたい配達アイテム

  • Uber Eats 配達バッグ
  • その他の配達バッグ
  • 揃えておきたい配達アイテム
  • 現金対応に揃えておきたい配達アイテム
  • Uber Eats キャップ

Uber Eats 配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテムを紹介します。必要な配達アイテムを揃えることで、安全に商品を配達できたり、配達効率をあげることができます。いきなり、全てを揃える必要はありませんので、必要に応じて配達アイテムを揃えていきましょう。

Uber Eats 配達バッグ

Uber Eats 配達バッグ

Uber Eats 配達バッグの詳細
サイズ 横幅(45cm)×縦幅(45cm)×マチ幅(26cm)
容量 約52.5ℓ(拡張すると+10.5ℓ)
重さ 3.18kg
カラー 黒・緑
防水機能 防水
その他の機能 ・ショルダーポーチ
・サイドポケット
・ドリンクホルダー
・セキュリティーポケット
・2Way・バイクハーネス
・拡張機能
付属品 ・横板 × 2
・上板× 1
・底板× 1
・仕切り板× 1

Uber Eats 配達バッグ(通称ウバッグ)は、配達業務に最適な配達バッグです。他にもたくさんの配達バッグがありますが、Uber Eats の配達バッグが一番です。どの配達バッグを購入するか悩んでいる方は、まずはこの配達バッグを購入しましょう。

現在、Uber Eats 配達バッグは黒と緑の2色のカラーを展開しています。

 【組み立て方や使い方】Uber Eats 配達バッグを徹底解説【2-WAYコンパクト配達バッグ含め】

その他の配達バッグ

その他の配達バッグ

Uber Eats 配達バッグ以外の配達バッグを探している方は、こちらの記事を参考にしてください。ロゴなし版のUber Eats 配達バッグやサイズをひと回り小さくした配達バッグを紹介しています。

 【比較まとめ】フードデリバリーの配達で使えるオススメな配達バッグを徹底解説【Uber Eats /出前館】

揃えておきたい配達アイテム

揃えておきたい配達アイテム

揃えておきたい配達アイテム 使い方
配達バッグ 商品を配達するのに入れるバッグ。保温保冷機能がついてるバッグを使用しましょう。
スマートフォン フードデリバリーのアプリを使うのに必要です。
スマホホルダー スマホを自転車やバイクに固定するために必要です。
モバイルバッテリー 配達中にスマホの充電が切れたら一大事です。モバイルバッテリーは持ち運ぶようにしましょう。
サバイバルシート バッグに入れた商品の隙間を埋めるのに活躍します。タオルなどで代用可。
緩衝材 バッグの底に仕込めば荷崩れ防止や隙間埋めにも役立ちます。

Uber Eats 配達パートナーを始めるのに必ず必要になるのが「配達バッグ」と「スマートフォン」です。それ以外の配達グッズも配達するのに非常に役立つので、すべて揃えておくことをオススメします。

 配達パートナーを始めるのに揃えておきたい必要な配達アイテム【Uber Eats /出前館】

現金対応に揃えておきたい配達アイテム

現金対応に揃えておきたい配達アイテム

  • ショルダーバッグまたはウェストポーチ
  • 小銭入り&お札入れ
  • コインケース等(釣り銭用)

現金対応にすると、現金決済のオファーを受諾できるようになるので、その分鳴りが良くなります。しかし、現金対応に必要な釣り銭やそれに対応した配達アイテムが必要になります。現金対応を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 現金対応に便利な配達(釣り銭)アイテムをご紹介【Uber Eats /出前館】

Uber Eats の帽子(キャップ)

Uber Eats の帽子(キャップ)

Uber Eats の公式ネットショップでは、専用の配達キャップが販売されていないため、非公式ではあるもののクオリティの高いUber Eats キャップを紹介していきます。Uber Eats キャップをかぶると、店舗スタッフに気づかれやすくなるので、商品をいち早く受け取ることができます。

 【アピール増し!】Uber Eats キャップ(帽子)で店員さんに気づかれやすくしよう!

Wolt 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)の稼げるエリア・曜日・時間帯・時期

Uber Eats(ウーバーイーツ)の稼げるエリア・曜日・時間帯・時期

  • エリア
  • 曜日
  • 時間帯
  • 時期

Uber Eats で稼ぐ上で大切なのが「エリア・曜日・時間帯・時期」これらの要素をしっかり把握することです。

Uber Eats 配達パートナーの個人の配達力も大事ですが、市場の動きを見極めるのはそれ以上に大切になります。これらの4要素を把握することで、Uber Eats の配達業務を始めたての方でもある程度売上を作ることは可能なはずです。ぜひ参考にしてみてください。

Uber Eats の稼げるエリア

路線で選ぶエリア選定

稼げる都道府県 東京都・神奈川県・大阪府・愛知県・福岡県
稼げるエリア 人口密度が高い・飲食店が多い・乗換駅周辺

東京都・神奈川県・大阪府・愛知県・福岡県といった人口密度が高く、飲食店が多い都道府県は安定して、Uber Eats で稼ぐことができます。

もちろん、Uber Eats は47都道府県に進出しているので、該当しなかった都道府県でも稼ぐことができます。Uber Eats で稼ぐ上でもっとも大切になるのが、需要が高いエリアで配達することです。このエリア選定を間違ってしまえば、どんなベテランの配達パートナーでも稼ぐことは困難になります。しかし、逆をいえば、需要が高いエリアであれば、配達初心者の方でもある程度、稼げてしまう可能性が高いと言えます。

また大きな駅は、飲食店が多く揃っている可能性が高く、オーダーが入りやすくなるので、まずはお住まいの都道府県の中心地の駅をメインに配達してみるといいでしょう。また、穴場スポットを見つけることも大切です。配達しやすく、オーダーもそこそこ入るエリアは、マイエリアとして確保しておきましょう。

 【フーデリ配達初心者必見】配達エリア選定の基礎知識を身につけよう!【稼ぐ/配達のコツ】

Uber Eats の稼げる曜日

Uber Eats の稼げる曜日

月曜日 週の初めだが注文が多い、また土日で頑張った配達パートナーが休みにしていることが多く、配達パートナーも少ない
火曜日 注文も少なく、配達パートナーもやや多い
水曜日 ノー残業デーのため注文が増加することが多い
木曜日 注文も少なく、配達パートナーもやや多い
金曜日 休日に向けて、ディナーの注文が増加傾向
土曜日 休日で注文増加、ただし交通量も増えるので注意
日曜日 休日で注文増加、人の流れも落ち着いていることも多く配達しやすく稼ぎやすい傾向

Uber Eats は曜日によって稼ぎやすさが異なります。土日の休日は、注文数も増加し、かなり稼ぎやすい環境になります。副業でUber Eats を始める方はしっかり土日に配達することをおすすめです。平日で言えば、月曜水曜金曜は比較的稼ぎやすい傾向があります。

Uber Eats の稼げる時間帯

Uber Eats の稼げる時間帯

ランチ 11~13時
ディナー 17~21時

Uber Eats の稼げる時間帯は、ランチの11~13時とディナーの17~21時の時間帯です。この時間帯は注文数が増加するので、Uber Eats のゴールデンタイムです。このピークタイムの計6時間を配達するだけでも、安定して月の売上は取ることができます。

Uber Eats の稼げる時期

フードデリバリーの繁忙シーズンはいつ?

繁忙期 1月・7月・8月・12月
閑散期 4月・5月・10月

Uber Eats は時期によって稼げる異なります。繁忙期と言われる7~8月と12~1月は、Uber Eats を含めたフードデリバリーの稼ぎどきなので、この時期にどれだけ配達できるかが、配達パートナーの年間売上に非常に関わるポイントです。

閑散期は配達業務をほどほどに、繁忙期はしっかり稼ぎ切ることがUber Eats で稼ぐ上で大切です。

 【いつ始める?】フードデリバリーの繁忙期シーズンを徹底解説【閑散期には気をつけよう!】

Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの稼ぎ方のコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの稼ぎ方のコツ

  • まずは配達業務に慣れる
  • 地図アプリを使いこなす
  • エリア選定をする
  • オファー選定をする
  • 基本的なエリア立ち回り術を身につける
  • Uber Eats の繁忙期を知っておく
  • 日次の売上管理をしっかりする
  • Uber Eats の期待値を知る
  • 出前館と掛け持ちオンラインで上手に稼ぐ
  • 配達車両を125cc原付バイクにする

Uber Eats 配達パートナーの稼ぎ方のコツを紹介します。今回、紹介する稼ぎ方のコツを身につけておけば、ある程度安定した売上を立てることができるようになるでしょう。配達業務の現場と照らし合わせながら、自分のエリアにあった立ち回りを身につけましょう。

まずは配達業務に慣れる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達業務に慣れる

Uber Eats 配達パートナーで稼ぐために必要になるコツは、まず配達業務に慣れることです。

配達エリアの加盟店舗を覚えたり、お届け先の効率の良い行き方を身につけたりすることが大切です。まずは量をこなし、配達業務を身につけることから始めましょう。

 【ウーバーイーツ】Uber Driverアプリの使い方と配達の流れをわかりやすく解説

地図アプリを使いこなす

地図アプリを使いこなす

配達の基本となるのが、いかに早くお店の場所やお届け先に到着できるかどうかです。道に迷ったり、お届け先を見つけられなかったりするだけで、時間を余計に消費していしまいます。しっかり、地図アプリを使いこなすことによって、配達効率があがり、配達件数を伸ばすことができます。まずは、基本的な地図アプリを手に入れ、配達効率を上げていきましょう。

 【お届け先を見つける】住所検索の方法とおすすめの地図アプリ3選【Uber Eats /出前館】

エリア選定をする

エリア選定をする

エリア選定の基本知識
ピックしやすいお店 ・路面店
ピックしにくいお店 ・空中階店舗
・駅ビル
・ショッピングモール
注文が多く入るエリア ・大学付近
・集合住宅
・タワーマンション
配達効率が落ちるエリア ・踏切
・信号機が多い
路線で選ぶ メジャー路線であれば、その線路沿いだけで十分稼働エリアになりえる

Uber Eats で稼ぐために重要になってくるのが「エリア選定」です。まずは、エリア選定する上での基本知識を身につけ、これらの条件は基準に稼働エリアを決めていきましょう。特に路面店が多いエリアは、稼げるエリアである可能性が高いので、稼働している時にお店の特徴もチェックしておくことが大切です。

 【フーデリ配達初心者必見】配達エリア選定の基礎知識を身につけよう!【稼ぐ/配達のコツ】

オファー選定をする

オファー選定をする

オファー選定の基本知識
ピック待ちがある傾向のお店 ピック待ちしやすい傾向のお店を把握しておきましょう。
ピックしやすいお店であるかどうか ピックのしやすさもオファー選定で重要です。
時間帯による道路の混雑状況 バイクは特に道路の混雑状況を把握できるようになっておきましょう。
イベント・行事の日程を把握しておく メインエリアのイベント・行事は日程を把握しておきましょう
My拒否店舗リストを作る 「これは取っちゃよくなかった」というお店をリストアップしよう。

「オファー選定」ができるようになると、ピックの待ち時間を減らす事ができるので、配達効率をあげることができます。ピック待ちをゼロにすることは不可能ですが、極力少なくするための努力は必要です。これらのオファー選定の判断基準を活用し、配達効率をあげていきましょう。

 【配達の基本】オファー選び向上させるためのオファー選定【ピック待機時間を減らそう!】

基本的なエリア立ち回り術を身につける

基本的なエリア立ち回り術を身につける

立ち回り戦術 配達初心者オススメ度 内容
マクドナルド専門戦術 マクドナルドを中心に配達する立ち回り
ピストン戦術 メインエリアを中心に配達する立ち回り
3エリア戦術 3つのエリアを中心に配達する立ち回り
広範囲エリア戦術 広範囲にエリアを絞らず配達する立ち回り

Uber Eats の立ち回りは、大きくわけて4つあります。配達初心者はまず「マクドナルド専門戦術」と「ピストン戦術」を使って、エリアの特徴を掴んでいきましょう。配達に慣れてきたら、「3エリア戦術」や「広範囲エリア戦術」も使っていくといいでしょう。

 【配達のコツ】配達パートナーのエリア立ち回り戦術4選【組み合わせて稼ごう!】

Uber Eats の繁忙期を知っておく

出前館の繁忙期

Uber Eats の繁忙期シーズン
7~8月・12~1月

フードデリバリーは、時期によって需要の高さが異なります。Uber Eats も同様に炎天下が厳しい7~8月年末に差し掛かり寒冷が増す12~1月は、繁忙期シーズンに当たります。

繁忙期に配達するのと閑散期に配達するのでは、売上はかなり変わってしまうので、しっかり需要が高い月はなるべく配達業務をできるようにスケジューリングしておきましょう。

 【いつ始める?】フードデリバリーの繁忙期シーズンを徹底解説【閑散期には気をつけよう!】

日次の売上管理をしっかりする

日次の売上管理をしっかりする

  • 日次の売上管理
  • 配達指標をチェックしよう

Uber Eats の売上はドライバーアプリで確認できますが、時給換算や配達件数/hなどの配達効率を表す指標は、自分で計算しないといけません。このような数値を出し、過去の実績と現在の実績を比較しておくことは、個人事業主の経営管理にも繋がります。

当ブログでは、売上や配達時間を入力するだけで、簡単に時給換算や配達件数/hを算出してくれる売上管理表をスプレッドシートで無料公開しています。売上管理をしっかりしていきたい方は、ぜひ活用ください。

 【コピー可】Uber Eats /出前館の売上管理表の使い方【スプレッドシート】

Uber Eats の売上期待値を知る

Uber Eats の売上期待値を知る

  • 時給換算
  • 1日の平均売上
  • 月次売上(20日計算)

Uber Eats を実際にやってみてどれくらい稼げるのかは、実際に配達の現場に出てみないとわからないものです。しかし、どれくらいの売上や時給を期待できるのかを把握または比較することはとても大切です。

こちらの記事では、Uber Eats の配達をしているフーデリNavi編集部の生の売上データを元に、1日の平均売上や時給換算・月次売上を公開しています。これから、Uber Eats 配達パートナーを始める方は、ぜひ参考にしてみてください。

 Uber Eats 配達パートナーは稼げるの?時給や収入・売上を実際のデータから検証!

出前館と掛け持ちオンラインで上手に稼ぐ

Uber Eats と出前館の掛け持ちオンラインで稼ぐためのコツ

  • Uber Eats のクエストによって配達比率を決めておく
  • 出前館のブーストが高い時間は出前館を優先する
  • 時間帯によってどのフードデリバリーを優先するか決めておく

閑散期に入ってしまうとUber Eats 一本だけでは、どうしても待機時間が増えてしまい、売上ダウンに繋がってしまいます。そのような場合は、出前館を上手に組み合わせることで、売上を安定させることができます。

 Uber Eats と出前館を掛け持ちで稼ぐためのコツ【メリットとデメリットを解説】

配達車両を125cc原付バイクにする

原付バイクの購入ステップ

バイクの種類 予算
配達初期 50ccや中古の原付バイク 8~20万円
配達中期 125ccの中古バイク 10~30万円
ベテラン期 125ccの新車 20~40万円

Uber Eats の配達業務でベストな配達車両は「125cc原付バイク」です。もちろん、自転車や50cc原付バイクでも、Uber Eats で稼ぐことはできます。

しかし、自転車や50cc原付バイクは、Uber Eats の需要が多いエリアでないと安定して稼ぐことは難しいのが現状です。東京や各都道府県の中心部であれば、問題なく稼ぐことができますが、それ以外の地方寄りになってしまうと売上が不安定になってしまう可能性があります。

もし、今後、Uber Eats 配達パートナーとして専業を考えている方は、今後、125cc原付バイクに乗り換えることを視野に計画を立てることを推奨します。

 【免許取得】125ccのバイクに乗るために必要な免許と取得期間と費用を徹底解説【小型限定二輪免許/普通二輪免許】

 【排気量別】配達パートナーにオススメのバイクを紹介【フードデリバリー用のバイクの選び方】

出前館配達員募集

PR

まとめ:配達アイテムを揃えて、フードデリバリーにチャレンジしていこう!

揃えておきたい配達アイテム 使い方
配達バッグ 商品を配達するのに入れるバッグ。保温保冷機能がついてるバッグを使用しましょう。
スマートフォン フードデリバリーのアプリを使うのに必要です。
スマホホルダー スマホを自転車やバイクに固定するために必要です。
モバイルバッテリー 配達中にスマホの充電が切れたら一大事です。モバイルバッテリーは持ち運ぶようにしましょう。
サバイバルシート バッグに入れた商品の隙間を埋めるのに活躍します。タオルなどで代用可。
緩衝材 バッグの底に仕込めば荷崩れ防止や隙間埋めにも役立ちます。

配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテムは以上になります。

今回、紹介した配達グッズは配達する上で、最低限必要なモノです。あとは実際に配達の現場に出て、自分のスタイルにあった配達アイテムを買い増しして、より効率の良い配達をこなしていきましょう。

 

 フードデリバリーの配達で使えるオススメな配達バッグを徹底解説【比較まとめ】

 現金対応に便利な配達(釣り銭)アイテムをご紹介【Uber Eats /出前館】

 

 

[PR] フードデリバリー登録はこちら
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
Uber Eats
【国内屈指のフードデリバリー】
・わかりやすい配達システム
・配達初心者でも稼げる!
登録詳細記事を見る

出前館 【国内屈指のフードデリバリー】
・1配達平均 750円以上!
・業界屈指の高報酬!
登録詳細記事を見る

Wolt 初回注文(Web用)

レストラングルメや食料品、日用品を配達料金50円から、約30分でお届けするフィンランド発のデリバリーサービス!
Woltには地元で愛される名店から、定番の人気チェーン店、地域のスーパーやドラッグストアまで多くのラインナップ!

PRシゴトin

おすすめのフードデリバリーサービス

 広告について
・当サイトの記事には、アフィリエイトやAmazonアソシエイトのリンクが含まれます。
>[PR] Uber Eats 配達パートナーを始めよう!

[PR] Uber Eats 配達パートナーを始めよう!

フードデリバリーの代名詞!初めての方でもやりやすいアプリ画面。フードデリバリーを初めてやるなら、まずはUber Eats!



CTR IMG