現金対応に便利な配達(釣り銭)アイテムをご紹介【Uber Eats /出前館】

現金対応に便利な配達(釣り銭)アイテムをご紹介【Uber Eats /出前館】

プロモーションを含みます。

直近で注文需要が高そうなフードデリバリー(当編集部予想:6/12更新)
Uber Eats (3.5)
出前館 (3.5)
Wolt (2.5)
menu (2)
PRマネーフォワード クラウド確定申告
 「Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館の現金対応に便利なアイテムを知りたい!」

Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館等のフードデリバリーでは、配達パートナーの任意で「現金対応」にすることができます。現金対応にする事で受諾するオファーが増えるので、配達件数を伸ばしたい方は、ぜひとも現金対応をするべきでしょう。

本記事では、現金対応にするメリットやデメリット。そして、現金対応に便利な配達(釣り銭)アイテムを紹介していきます。今後、現金対応を考えている方も、現在現金対応にしている方も役立つ内容になっていますので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 現金対応のメリット・デメリット
  • 現金対応に便利な配達アイテムの紹介
  • 現金決済対応の時のトークマニュアル

出前館配達員募集

配達パートナーの「現金対応」とは

「現金対応」とは、決済方法が「現金」の注文者さまに対して、配達パートナーが現金で支払いに対応することを言います。Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館、Woltなど多くのフードデリバリーサービスが現金対応していて、現金対応することにより、現金オフよりも現金オン(現金対応)の方が2割ほど多くオファーが増えると言われています。

「現金対応」するにあたりメリットとデメリットがありますので、自分の配達スタイルに合わせて現金のオンオフを考えましょう。

現金対応のメリット

  • 「鳴り」が良くなる

現金対応のメリットと言えば、「鳴り」が良くなることです。現金注文している注文者さまのオファーも受諾できるようになるので、必然に入ってくるオファーも増えてきます。なるべく多くのオファーを受けたい方は、現金対応がおすすめです。

現金対応のデメリット

  • 「釣り銭」を用意しないといけない
  • 「支払いの対応」「お釣りの計算」等のコミュニケーションコストが生まれる
  • 現金受取分の支払いは、各デリバリー会社によって異なる

現金対応のデメリットはいくつかございます。まずは「釣り銭」の用意、それに伴う釣り銭アイテムの準備。現金対応するということは注文者さまと対面してお金のやりとりをする必要があるので、ある程度の接客が必要になります。また、フードデリバリー会社によって、受け取った現金に支払い方法が異なりますので、注意しましょう。

現金対応のオンオフはどうしてる?

25

投票集計:2024/01~

現金対応に便利な配達(釣り銭)アイテムをご紹介

  • ショルダーバッグまたはウェストポーチ
  • 小銭入り&お札入れ
  • コインケース等(釣り銭用)

それでは、配達の現金対応時に便利な配達(釣り銭)アイテムを紹介していきます。これらのアイテムを揃えておけば、現金対応もかなり楽になります。あとはそれぞれの趣味趣向に合わせて、アイテムを揃えていくといいでしょう。

ショルダーバッグ

  • 肩にかけるタイプのバッグ
  • サイズにバリエーションがあるので、配達スタイルに合わせたバッグを選べる
  • 長時間稼働は肩こりの原因にも

ショルダーバッグは、種類が豊富で色々なサイズ展開がされているので、配達スタイルに合わせたバッグを選びやすいです。充電バッテリーやその他小物を持ち運ぶ配達パートナーであれば、ショルダーバッグがおすすめ。しかし、長時間稼働する場合は肩こりの原因にもなるので注意しましょう。

created by Rinker
Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

ウェストポーチ

  • 腰にまわすタイプのバッグ
  • 小ぶりなバッグが多く収納スペースは限られる
  • 身体的な負担は特になし

ウェストポーチは、小ぶりなサイズが多くあまり収納スペースがないので、バッグに色々入れたい方はあまり向いていないかもしれません。しかし、小銭やお札の出し入れに使いやすく、身体的な負担もないので配達にはかなり便利です。

小銭入れ&お札入れ

小銭入れ 受け取った小銭をサクッとしまえる。
お札入れ お札を折りをつけずにしまえる。

小銭入れは、受け取った小銭をサクッとしまえるのでおすすめです。小銭は汚れているので、愛用のバッグに直に入れてしまうと中身が汚れてしまえます。ですので、簡単に替えが効く収納できるケースがあると便利です。

お札入れも、お札を無造作にバッグに入れるのではなく、メッシュケース等に入れておくと、お釣りでお札を渡す時に折り曲がった状態ではなく、お札を渡せるので、両者にとって気持ちがいいものです。今回はメッシュケースで紹介しましたが、愛用しているバッグに使いやすいものを選ぶといいでしょう。こちらのメッシュケースは100均で購入したものです。

コインケース等(釣り銭)

コインケース名 概要
セパレートコインケース 多くの硬貨を収納可能。ややサイズがあるので、バッグが小さいと使いづらいかも。
コインケース(500円玉) 長方形である程度の硬貨を収納可能。どのバッグにも使いやすい。
コインホルダー 硬貨の収納枚数は少ないが、どのバッグにも使いやすい。

コインケースは釣り銭を支払う時に非常に便利です。小銭入れから釣り銭分の硬貨を探すのは意外と大変です。ましてや、夜だと明かりも少なくかなり不便です。そこで、小銭が整理しやすいコインケースを使うことで、釣り銭の支払いをスマートにこなす事ができます。おすすめのコインケースを3つ紹介していきます。

セパレートコインケース

サイズ 118 × 76 × 33mm
収納枚数 110枚
合計金額 8,620円

セパレートコインケースは、8620円分の硬貨を収納可能。1日稼働であれば十分、釣り銭が持つと思われます。小ぶりなコインケースではありますが、収納枚数が多い分、サイズがあるので、手持ちのバッグのサイズに合わせて検討しましょう。

コインケース(500円玉)

サイズ 100 × 30 × 25mm
収納枚数 50枚
合計金額 50~25,000円

コインケース(500円玉)は、収納枚数は50枚で、収納する硬貨によって収納金額が異なります。500円硬貨用のコインケースにすることで、全ての硬貨を収納する事ができます。ただし、1円や5円といった小さい硬貨はバラけやすくなってしまうので、スポンジをかませるなどの工夫が必要です。サイズ感もお手頃なのでどのバッグとも相性が良いです。

コインホルダー

サイズ 92 × 45 × 12mm
収納枚数 27枚
合計金額 2,775円

コインホルダーは、2775円分の硬貨を収納できます。スタイリッシュで手のひらサイズなのでどのバッグとも相性が良いです。ただし、収納できる金額が少ないので、コインホルダーを検討する方は、最低でも2つ以上は購入しておきたいところです。

現金用バッグの中身

現金用バッグに何を入れようか迷っている方に、筆者が使用している現金用バッグの中身を公開いたします。現金用バッグの参考にしてみてください。

現金バッグモデルケース①

アイテム 使用用途
ウェストバッグ(コールマン) 現金用バッグ
コインケース 釣り銭用コインケース
メッシュケース 小銭&お札入れ
AirPods Pro 電話や通知を把握しやすように
AirPods Pro用イヤーフック AirPodsを落とさないように

現在、筆者が使用している現金バッグの中身はこのようになっています。かなりシンプルな内容になっています。モバイルバッテリーがないのは、バイクから直接スマホを充電できるスタイルにしているためです。小銭&お札入れのメッシュケースは、ウェストバッグに入るように切ってあります。そのおかげもあり、小銭の出し入れが簡単です。

現金バッグモデルケース②

アイテム 使用用途
ウェストポーチ(イオーノ) 現金用バッグ
コインケース 釣り銭用コインケース
モバイルバッテリー スマホ用のモバイルバッテリー
iPhone用充電ケーブル 充電用ケーブル
AirPods Pro 電話や通知を把握しやすように
AirPods Pro用イヤーフック AirPodsを落とさないように

こちらは、筆者が以前使っていた現金バッグの中身です。小銭&お札入れはなく、直接ウェストポーチの中に入れていました。こちらのバッグはウェストポーチとしても、ショルダーバッグとしてもどちらも使い勝手がよく重宝していました。

現金決済対応トークマニュアル

商品受け渡し時現金支払いのケース(Uber Eats /出前館)

  1. 注文者のお家に、チャイムやノックで到着したことを知らせる
  2. 挨拶をし、お会計の金額を伝える
  3. 【お釣りなし】商品を渡し、配達完了
  4. 【お釣りあり】お釣りを計算し、お釣りを返す、商品を渡し、配達完了

現金決済の際の流れはこのようになっています。お釣りの計算が簡単そうな場合は暗算でも大丈夫ですが、計算に自信がなかったり、複雑そうな場合は、電卓アプリを使いましょう。注文者に会う前に事前に電卓アプリに値段を入力しておけば、渡された金額を入力するだけで済みます。お釣りの計算結果を注文者に見せることで安心にもつながります。

  • 事前に値段を電卓アプリに入力しておく
  • 渡された金額を電卓アプリに入力し、お釣りを計算する
  • 注文者にお釣りの計算を見せることで、安心感にも繋がる(計算ミスがないことで)

お釣り計算するときのコツ

電卓アプリを使うのは有効的ですが、気を付けておかないといけないのが、入力ミスです。エレベーターに乗った時など落ち着ける時に入力しておきましょう。

 【配達パートナー】商品を受け取る時や渡す時・注文者に電話する時に使えるトークマニュアル【Uber Eats /出前館】

釣り銭による貯まった小銭の両替方法

釣り銭による貯まった小銭の両替方法

  • 銀行の窓口で両替する
  • コインスターで両替する

現金対応にすると、釣り銭による小銭が手元に貯まりがちになります。もちろん、小銭をひんぱんに使ったり、定期的にATM等の方法もありますが、大量に小銭が貯まっている状態だとそれも難しいです。

小銭の両替に便利な方法を2種類紹介します。

❶銀行の窓口で両替する

銀行の窓口で両替する

ゆうちょ銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行
1~50枚 無料 無料 無料(1~10枚) 220円(1~10枚)
51~100枚 550円 550円 550円(11~500枚) 770円(11~500枚)
101~500枚 825円
501~1000枚 1100円(以降500枚毎に550円加算) 1320円 550円(以降500枚毎に550円加算) 1540円(以降500枚毎に770円加算)
1001枚~ 1980円(以降500枚毎に660円加算)

銀行では、窓口で硬貨の両替をおこなっています。各銀行で硬貨両替する時にかかる手数料は硬貨枚数によって違ってきます。

❷コインスターで両替する

コインスターで両替する

手数料 9.9%(合計投入金額に対する)
硬貨カウント速度 分速600枚
使い方 タッチパネルを操作し、小銭を入金する
現金引換の仕方 発行された引換券をサービスカウンターに持って行く
引換券の有効期限 発行後4時間
お取引上限額 5万円(上限になると一度取引が終了し、引換券が発行される)

コインスターは、硬貨を両替してくれるマシンです。操作方法もシンプルで使いやすいです。手数料は合計投入金額に対して、9.9%かかります。小銭の枚数が1000枚越えするので、あればコインスターお得になるケースがあります。

 【小銭入金】コインスターを使って大量の小銭を両替してみた【硬貨→紙幣に】

出前館配達員募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの揃えておきたい配達アイテム

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの揃えておきたい配達アイテム

  • Uber Eats 配達バッグ
  • その他の配達バッグ
  • 揃えておきたい配達アイテム
  • 現金対応に揃えておきたい配達アイテム
  • Uber Eats キャップ

Uber Eats 配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテムを紹介します。必要な配達アイテムを揃えることで、安全に商品を配達できたり、配達効率をあげることができます。いきなり、全てを揃える必要はありませんので、必要に応じて配達アイテムを揃えていきましょう。

Uber Eats 配達バッグ

Uber Eats 配達バッグ

Uber Eats 配達バッグの詳細
サイズ 横幅(45cm)×縦幅(45cm)×マチ幅(26cm)
容量 約52.5ℓ(拡張すると+10.5ℓ)
重さ 3.18kg
カラー 黒・緑
防水機能 防水
その他の機能 ・ショルダーポーチ
・サイドポケット
・ドリンクホルダー
・セキュリティーポケット
・2Way・バイクハーネス
・拡張機能
付属品 ・横板 × 2
・上板× 1
・底板× 1
・仕切り板× 1

Uber Eats 配達バッグ(通称ウバッグ)は、配達業務に最適な配達バッグです。他にもたくさんの配達バッグがありますが、Uber Eats の配達バッグが一番です。どの配達バッグを購入するか悩んでいる方は、まずはこの配達バッグを購入しましょう。

現在、Uber Eats 配達バッグは黒と緑の2色のカラーを展開しています。

 【組み立て方や使い方】Uber Eats 配達バッグを徹底解説【2-WAYコンパクト配達バッグ含め】

その他の配達バッグ

その他の配達バッグ

Uber Eats 配達バッグ以外の配達バッグを探している方は、こちらの記事を参考にしてください。ロゴなし版のUber Eats 配達バッグやサイズをひと回り小さくした配達バッグを紹介しています。

 【比較まとめ】フードデリバリーの配達で使えるオススメな配達バッグを徹底解説【Uber Eats /出前館】

揃えておきたい配達アイテム

揃えておきたい配達アイテム

揃えておきたい配達アイテム 使い方
配達バッグ 商品を配達するのに入れるバッグ。保温保冷機能がついてるバッグを使用しましょう。
スマートフォン フードデリバリーのアプリを使うのに必要です。
スマホホルダー スマホを自転車やバイクに固定するために必要です。
モバイルバッテリー 配達中にスマホの充電が切れたら一大事です。モバイルバッテリーは持ち運ぶようにしましょう。
サバイバルシート バッグに入れた商品の隙間を埋めるのに活躍します。タオルなどで代用可。
緩衝材 バッグの底に仕込めば荷崩れ防止や隙間埋めにも役立ちます。

Uber Eats 配達パートナーを始めるのに必ず必要になるのが「配達バッグ」と「スマートフォン」です。それ以外の配達グッズも配達するのに非常に役立つので、すべて揃えておくことをオススメします。

 配達パートナーを始めるのに揃えておきたい必要な配達アイテム【Uber Eats /出前館】

現金対応に揃えておきたい配達アイテム

現金対応に揃えておきたい配達アイテム

  • ショルダーバッグまたはウェストポーチ
  • 小銭入り&お札入れ
  • コインケース等(釣り銭用)

現金対応にすると、現金決済のオファーを受諾できるようになるので、その分鳴りが良くなります。しかし、現金対応に必要な釣り銭やそれに対応した配達アイテムが必要になります。現金対応を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 現金対応に便利な配達(釣り銭)アイテムをご紹介【Uber Eats /出前館】

Uber Eats の帽子(キャップ)

Uber Eats の帽子(キャップ)

Uber Eats の公式ネットショップでは、専用の配達キャップが販売されていないため、非公式ではあるもののクオリティの高いUber Eats キャップを紹介していきます。Uber Eats キャップをかぶると、店舗スタッフに気づかれやすくなるので、商品をいち早く受け取ることができます。

 【アピール増し!】Uber Eats キャップ(帽子)で店員さんに気づかれやすくしよう!

PR

【まとめ】現金対応でオファー数を増やそう!

現金対応の便利な配達(釣り銭)アイテムは以上になります。

現金対応で起こしがちなミスとして、釣り銭の計算を間違えてしまう事が挙げられます。100円や200円といったキリがいい数字のお釣りであれば、計算間違いも起こしにくいですが、現金対応にしていると細かな釣り銭の計算になることが多いので、そういった時はスマホの電卓アプリを使うことをおすすめします。釣り銭を多く渡して、せっかくの配達料金がパーになってしまうなんてことがないように注意しましょう。

 

 配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテム【おすすめアイテムと必需品】

 フードデリバリーの配達で使えるオススメな配達バッグを徹底解説【比較まとめ】

 

 

[PR] フードデリバリー登録はこちら
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
Uber Eats
【国内屈指のフードデリバリー】
・わかりやすい配達システム
・配達初心者でも稼げる!
登録詳細記事を見る

出前館 【国内屈指のフードデリバリー】
・1配達平均 750円以上!
・業界屈指の高報酬!
登録詳細記事を見る

Wolt 初回注文(Web用)

レストラングルメや食料品、日用品を配達料金50円から、約30分でお届けするフィンランド発のデリバリーサービス!
Woltには地元で愛される名店から、定番の人気チェーン店、地域のスーパーやドラッグストアまで多くのラインナップ!

PR

おすすめのフードデリバリーサービス

 広告について
・当サイトの記事には、アフィリエイトやAmazonアソシエイトのリンクが含まれます。
>[PR] Uber Eats 配達パートナーを始めよう!

[PR] Uber Eats 配達パートナーを始めよう!

フードデリバリーの代名詞!初めての方でもやりやすいアプリ画面。フードデリバリーを初めてやるなら、まずはUber Eats!



CTR IMG