【フーデリ配達初心者必見】稼働・配達エリア選定の基本知識を身につけよう!【稼ぐ/配達のコツ】

【フーデリ配達初心者必見】配達エリア選定の基礎知識を身につけよう!【稼ぐ/配達のコツ】

プロモーションを含みます。

直近で注文需要が高そうなフードデリバリー(当編集部予想:6/12更新)
Uber Eats (3.5)
出前館 (3.5)
Wolt (2.5)
menu (2)
PR
デリバリー配達スタッフ募集
 「デリバリーの登録は済んだけど、地元のエリアがまったくオーダーが来ない。エリアが悪いのかなぁ」

Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館等のフードデリバリーで稼ぐ上でとても大切になるのが「エリア選定」です。

注文が多く入るエリアであれば、初めて間もない配達パートナーでもある程度の結果を残すことができます。しかし、逆を言えば、注文が入りにくいエリアで稼働した場合、それはベテランの配達パートナーであっても、中々、売上をあげることは難しくなります。

本記事では、エリア選定をするための基本知識と、加盟店が多く揃うエリアをわかりやすく解説します。稼働エリアを選ぶ上での判断基準を身につけていきましょう!

この記事でわかること
  • 配達エリア選定の基礎知識
  • 加盟店が多く揃うエリアとは
  • 配達車両別エリア選定のやり方

Uber Eats 配達パートナー募集

【フードデリバリー】配達エリア選定の基礎知識

【フーデリ配達初心者必見】稼働・配達エリア選定の基本知識を身につけよう!【稼ぐ/配達のコツ】

エリア選定の基礎知識
ピックしやすいお店 ・路面店
ピックしにくいお店 ・空中階店舗
・駅ビル
・ショッピングモール
注文が多く入るエリア ・大学付近
・集合住宅
・タワーマンション
配達効率が落ちるエリア ・踏切
・信号機が多い
路線で選ぶ メジャー路線であれば、その線路沿いだけで十分稼働エリアになりえる

まずは、エリア選定する上での基本知識です。これらの条件は基準に稼働エリアを決めていきましょう。特に路面店が多いエリアは、稼げるエリアである可能性が高いので、稼働している時にお店の特徴もチェックしておくことが大切です。

ピックしやすいお店の特徴

ピックしやすいお店の特徴
路面店 通りに面した店舗のこと

ピックしやすいお店は、路面店であることです。通りに面した店舗なので、階段に上がることも、エレベーターに乗ることもなく、時間をかけることなくピックできるので、配達効率があがります。

ピックしにくいお店の特徴

ピックしにくいお店の特徴

ピックしにくいお店の特徴
空中階の店舗 2階以上にある店舗のこと
駅ビル ほとんどのお店が空中階の店舗
ショッピングモール 入館手続きがある場合が多い

空中階や駅ビルは、バイク等は止める場所がないので駐禁に注意を払う必要があります。ピック待ちが長くなりそうなときは注意が必要です。

ショッピングモールは、場所によっては入館手続きが必要になってくることがあります。入館手続きの分、時間ロスが発生してしまいます。配達効率をあげたい場合、ピック選定も重要になってきます。

注文が多く入るエリアの特徴

注文が多く入るエリアの特徴

注文が多く入るエリアの特徴
大学付近 大学付近には、一人暮らしをしている学生が多いので注文が増える傾向があります
集合住宅 注文増加の要因のひとつ
タワーマンション 注文増加の要因のひとつ

注文が多く入るエリアの特徴としては、人口密度が増える大学付近や集合住宅・タワーマンションがあることが挙げられます。

配達効率が落ちるエリアの特徴

配達効率が落ちるエリアの特徴

配達効率が落ちるエリア
踏切 なるべく踏切を渡らないルートを選択しよう
信号が多い 信号が少ないルートを選択しよう

踏切や信号は、配達効率が落ちる原因のひとつです。なるべく踏切や信号を通らないルートを通るようにしましょう。裏道を見つけることがとても重要になりますが、狭い道が多くなるので、事故には十分に気を付けましょう。

路線で選ぶエリア選定

路線で選ぶエリア選定

  • メジャーな路線付近は、お店が多く揃っているので、その線路沿いで十分戦えるエリアである可能性が高い
  • 乗換駅付近は加盟店が多く揃っているのでおすすめの稼働エリア

乗換駅は多くの路線と交わる駅になるので、人の往来が多く、加盟店も多くなります。近くには繁華街もあるところが多く、フードデリバリーのメイン稼働エリアになる可能性が高いエリアです。

また、メジャーな路線であれば、その線路沿いあるいは、次の駅周辺も栄えている可能性が高いので、こちらも稼働エリア候補になるでしょう。

Uber Eats 配達パートナー募集

【エリア選定】加盟店が多く揃うエリア(場所)

【エリア選定】加盟店が多く揃うエリア(場所)

加盟店が多く揃うエリア(場所)
駅周辺 エリア選定で重要なポイント
駅地下 駅の地下街
駅ビル 駅に併設されたビル
繁華街・歓楽街 エリア選定で重要なポイント
アーケード・商店街 土日はホコ天になる可能性も
飲み屋街 夜ピークはピック待ちに注意
ショッピングモール 入館手続きが必要になる可能性も
ロードサイド店舗 路面店が多い

加盟店が多く集まる場所やその特徴を紹介します。とりわけ、「駅周辺」と「繁華街・歓楽街」はエリア選定する上で、とても重要なチェックポイントになるので、現在、稼働しているエリアがどのような組み合わせになっているか確認しておきましょう。

駅周辺

駅周辺

加盟店の数
エリア選定の重要度
ピックのしやすさ
自転車 メインの稼働エリア
バイク 路駐のしやすさと信号の数をチェック

駅周辺は、駅地下・駅ビル・歓楽街・商店街等がある稼働エリアを選ぶ点で一番重要になる場所です。駅では人の行き来が多くなるので、必然的に飲食店が多くなり、フードデリバリーに加盟しているお店が増えます。まず、稼働エリアに大きめな駅があるかどうか、とりわけ、乗り換え駅であるかが重要です。

自転車はここがメインの配達エリアになるでしょう。バイクは路駐のしやすさと信号の数をチェックしておきましょう。

駅地下(駅の地下街)

加盟店の数
エリア選定の重要度
ピックのしやすさ
自転車 自転車向き
バイク 駐禁に注意

駅地下は、駅の地下街のことです。ファーストフード店や飲食店が多く揃っているので、重要な場所です。

ただし、基本的には自転車やバイクは、いったん駅周辺に路駐しておかないといけませんし、ピックまで距離があるのが大抵です。特にバイク組は駐禁に気を付けておかないといけません。

駅ビル

駅ビル

加盟店の数
エリア選定の重要度
ピックのしやすさ
自転車 自転車向き
バイク 駐禁に注意

駅ビルは、駅に併設されている建物のことです。こちらも多くの飲食店が揃っています。

駅ビルは2~3階の店舗であれば、ピックしやすいのですが、それ以上の階数だとエレベーターに乗らないといけないなどと、ピックまで時間がかかる傾向です。特に駅ビルの飲食店はビルの高層にあることが多いので注意しましょう。

繁華街・歓楽街

繁華街・歓楽街

加盟店の数
エリア選定の重要度
ピックのしやすさ
自転車 メインの稼働エリア
バイク メインの稼働エリア

繁華街・歓楽街があるかどうかは、稼働エリアを選ぶ基準としてかなり重要な場所です。多くのファーストフード店や飲食店が揃っていて、1日を通して注文が入るエリアといっても過言ではありません。

繁華街・歓楽街があるエリアとそうじゃないエリアでは「鳴り」が変わってくるので、自分の稼働しているエリアに繁華街・歓楽街があるかどうかはチェックしておきましょう。路面店や2~3階の加盟店が多く、ピックしやすいのも特徴です。

アーケード・商店街

アーケード・商店街

加盟店の数
エリア選定の重要度
ピックのしやすさ
自転車 意外と不向きな可能性も
バイク 時間指定の補助標識に注意

アーケードや商店街は、個人店が多く、加盟店舗が少ない傾向です。ファーストフード店があれば穴場になる可能性があります。

自転車であれば、ピックがしやすいですが、アーケード・商店街のオーダーはロングドロップが多い印象です。時間帯によってはバイクで通れない時間帯があります。土日は歩行者天国になっている所が多いので注意しておきましょう。

飲み屋街

飲み屋街

加盟店の数
エリア選定の重要度
ピックのしやすさ
自転車 ピック待ちに注意
バイク メインよりはずれの通りのお店が狙い目

飲み屋街は、居酒屋チェーン店が多く揃っています。居酒屋チェーン店は「ゴーストレストラン」をやっているところが多くあります。

夜の飲み屋街は、場所によってピックのしやすさが非常に異なります。人通りの多いメインストリートにある店舗でのピックは、ピック先まで自転車・バイクを止めるのは大変です。少しハズレにあるお店であれば、ピックがしやすくなります。

特に注意がしたいのは、居酒屋チェーン店のゴーストレストランは、ピック待ちが発生する可能性が高いことです。このエリアで稼働するときは、なるべく「避けるお店リスト」を作っておくことを推奨します。

ショッピングモール

ショッピングモール

加盟店の数
エリア選定の重要度
ピックのしやすさ
自転車 入館手続きの可能性
バイク 入館手続きの可能性

ショッピングモールは多くの加盟店が揃っているところです。場所によっては、搬入口から入館証明書を受け取ってから、ピックしないといけない場所があるので、アプリの店舗情報で確認しましょう。

加盟店が多く揃っていますが、上記の通り、ピックまで時間がかかってしまう所が多いので、時間効率を考えると効率が下がってしまうので、稼働するエリアのショッピングモールのピックの仕方をまず確認しておきましょう。

ロードサイド店舗

ロードサイド店舗

加盟店の数
エリア選定の重要度
ピックのしやすさ
自転車 ピックしやすい
バイク ピックしやすい

ロードサイド店舗とは、道路沿いにある店舗です。メインエリアとしては心もとないですが、メインエリアとメインエリアの間にあるロードサイド店舗は、繋ぎのお店として重宝します。ロードサイド店舗は、路面店であることが多くピックのしやすさはピカイチです。

出前館配達員募集

配達車両別エリア選定のやり方

配達車両(自転車・バイク・軽貨物)

配達車両別
自転車 ・駅周辺や繁華街を中心にする
・バイクが嫌うエリアを選ぶ
バイク ・駅周辺や繁華街を中心にする
・メインエリアにロードサイド系の店舗があるとなお良い
・メインエリアは複数持っておく
・時間帯による道路の混み状況を把握する
軽貨物 ・駅周辺や繁華街を中心にする
・路駐スペースがある
・メインエリアにロードサイド系の店舗があるとなお良い
・メインエリアは複数持っておく
・時間帯による道路の混み状況を把握する

配達車両(自転車・バイク・軽貨物)によって、エリアの得意不得意があります。エリア選定の参考にお役立てください。

自転車

  • 駅周辺や繁華街を中心にする
  • バイクが嫌うエリアを選ぶ

自転車でエリア選定する時には、まず駅周辺や繁華街等の加盟店が多く揃っているエリアです。自転車でのロングドロップはかなりキツいので、ショートミドルを多くこなすことが大切です。

また、動きやすさ(加盟店へのアクセス)が一番いい自転車は、バイクが嫌うようなエリアを選ぶのも選択肢に加えておきましょう。バイクは信号が多い・交通規制が多いエリアは、配達効率が落ちるので避ける傾向にあります。そういったエリアは狙い目です。

バイク

  • 駅周辺や繁華街を中心にする
  • メインエリアにロードサイド系の店舗があるとなお良い
  • メインエリアは複数持っておく
  • 時間帯による道路の混み状況を把握する

バイクでエリア選定する時には、まず駅周辺や繁華街等の加盟店が多く揃っているエリアです。バイクはロングドロップにも対応できるので、メインのエリアになれるエリアを複数持っておく事が大切です。

時間帯による道路の混み状況を把握しておくようにしておきましょう。道によっては、時間帯でまったく動かないよう混み合った道路もあります。そういった時間帯でその周辺で稼働しないようにすることで配達件数を上げていく事ができます。また、信号の数や踏切、交通規制これらの把握も大切になります。バイクでの配達効率をあげるためには、加盟店の多さも大切ですが、何よりバイクが走りやすいかどうかも関係してくるので、配達をしながら、エリアの特徴を掴んでいきましょう。

軽貨物

  • 駅周辺や繁華街を中心にする
  • 路駐スペースがある
  • メインエリアにロードサイド系の店舗があるとなお良い
  • メインエリアは複数持っておく
  • 時間帯による道路の混み状況を把握する

軽貨物のエリア選定の内容は、バイクのエリア選定に似ていますが、大切なのは軽貨物を止める路駐スペースがそのエリアにあるかどうかが選定基準になります。

配達車両の中でも、路駐スペースが一番必要になる車両なので、エリアにそういったスペースがないとかなり苦労します。軽貨物は悪天候に非常に強いので、なるべくなら天候で勝負していきたいところです。

配達上達への基本とコツ

ウーバーイーツや出前館の配達上達への基本とコツ

  • 地図アプリを使いこなす
  • エリア選定をする
  • オファー選定をする
  • 基本的なエリア立ち回り術を身につける
  • フードデリバリーの繁忙期を知っておく
  • 日次の売上管理をしっかりする
  • 配達指標を比較しよう

Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館といったフードデリバリー業務において、配達上達は売上アップに繋がってきます。配達の基本とコツを身につけてしまえば、ある程度安定した売上を立てることができるようになるでしょう。配達業務の現場と照らし合わせながら、自分のエリアにあった立ち回りを身につけましょう。

地図アプリを使いこなす

地図アプリを使いこなす

配達の基本となるのが、いかに早くお店の場所やお届け先に到着できるかどうかです。道に迷ったり、お届け先を見つけられなかったりするだけで、時間を余計に消費していしまいます。しっかり、地図アプリを使いこなすことによって、配達効率があがり、配達件数を伸ばすことができます。まずは、基本的な地図アプリを手に入れ、配達効率を上げていきましょう。

 【お届け先を見つける】住所検索の方法とおすすめの地図アプリ3選【Uber Eats /出前館】

エリア選定をする

エリア選定をする

エリア選定の基本知識
ピックしやすいお店 ・路面店
ピックしにくいお店 ・空中階店舗
・駅ビル
・ショッピングモール
注文が多く入るエリア ・大学付近
・集合住宅
・タワーマンション
配達効率が落ちるエリア ・踏切
・信号機が多い
路線で選ぶ メジャー路線であれば、その線路沿いだけで十分稼働エリアになりえる

Uber Eats で稼ぐために重要になってくるのが「エリア選定」です。まずは、エリア選定する上での基本知識を身につけ、これらの条件は基準に稼働エリアを決めていきましょう。特に路面店が多いエリアは、稼げるエリアである可能性が高いので、稼働している時にお店の特徴もチェックしておくことが大切です。

 【フーデリ配達初心者必見】配達エリア選定の基礎知識を身につけよう!【稼ぐ/配達のコツ】

オファー選定をする

オファー選定をする

オファー選定の基本知識
ピック待ちがある傾向のお店 ピック待ちしやすい傾向のお店を把握しておきましょう。
ピックしやすいお店であるかどうか ピックのしやすさもオファー選定で重要です。
時間帯による道路の混雑状況 バイクは特に道路の混雑状況を把握できるようになっておきましょう。
イベント・行事の日程を把握しておく メインエリアのイベント・行事は日程を把握しておきましょう
My拒否店舗リストを作る 「これは取っちゃよくなかった」というお店をリストアップしよう。

「オファー選定」ができるようになると、ピックの待ち時間を減らす事ができるので、配達効率をあげることができます。ピック待ちをゼロにすることは不可能ですが、極力少なくするための努力は必要です。これらのオファー選定の判断基準を活用し、配達効率をあげていきましょう。

 【配達の基本】オファー選び向上させるためのオファー選定【ピック待機時間を減らそう!】

基本的なエリア立ち回り術を身につける

基本的なエリア立ち回り術を身につける

立ち回り戦術 配達初心者オススメ度 内容
マクドナルド専門戦術 マクドナルドを中心に配達する立ち回り
ピストン戦術 メインエリアを中心に配達する立ち回り
3エリア戦術 3つのエリアを中心に配達する立ち回り
広範囲エリア戦術 広範囲にエリアを絞らず配達する立ち回り

Uber Eats の立ち回りは、大きくわけて4つあります。配達初心者はまず「マクドナルド専門戦術」と「ピストン戦術」を使って、エリアの特徴を掴んでいきましょう。配達に慣れてきたら、「3エリア戦術」や「広範囲エリア戦術」も使っていくといいでしょう。

 【配達のコツ】配達パートナーのエリア立ち回り戦術4選【組み合わせて稼ごう!】

フードデリバリーの繁忙期を知っておく

出前館の繁忙期

フードデリバリー の繁忙期シーズン
7~8月・12~1月

フードデリバリーは、時期によって需要の高さが異なります。炎天下が厳しい7~8月年末に差し掛かり寒冷が増す12~1月は、繁忙期シーズンに当たります。

繁忙期に配達するのと閑散期に配達するのでは、売上はかなり変わってしまうので、しっかり需要が高い月はなるべく配達業務をできるようにスケジューリングしておきましょう。

 【いつ始める?】フードデリバリーの繁忙期シーズンを徹底解説【閑散期には気をつけよう!】

日次の売上管理をしっかりする

日次の売上管理をしっかりする

  • 日次の売上管理
  • 配達指標をチェックしよう

フードデリバリーの売上は各社のドライバーアプリで確認できますが、時給換算や配達件数/hなどの配達効率を表す指標は、自分で計算しないといけません。このような数値を出し、過去の実績と現在の実績を比較しておくことは、個人事業主の経営管理にも繋がります。

当ブログでは、売上や配達時間を入力するだけで、簡単に時給換算や配達件数/hを算出してくれる売上管理表をスプレッドシートで無料公開しています。売上管理をしっかりしていきたい方は、ぜひ活用ください。

 【コピー可】Uber Eats /出前館の売上管理表の使い方【スプレッドシート】

配達指標を比較しよう

配達指標を比較しよう

配達指標
配達/h 1時間に何件配達したかの平均値
PD/km 1件あたりPDの距離の平均値
時間/km 1時間に走っている距離の平均値

Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館等のフードデリバリーサービスを行なっている配達パートナーは、基本、個人事業主なので、他の配達パートナーがどれくらい売上をあげているかや、配達を効率よく回っているか、中々、比較できる機会が少ないと思います。

こちらの記事では、現役の配達パートナーである当ブログの編集部たちの配達指標を公開しています。ぜひ、配達指標の比較にお役立てください。

 【配達指標比較】フードデリバリー指標で動向チェック【配達パートナー向け】

PRシゴトin

まとめ:とりあえず、エリア選定するならコレ!

  • 駅が「乗換駅」である
  • 駅の近くに繁華街・歓楽街がある

ひとまず、この条件のエリアであれば、ある程度稼げる配達エリアの可能性が高いです。

まずは、色々なエリアを稼働してみて、フードデリバリーの配達パートナーとしての経験を積んでいきましょう。加盟店の特徴やそのエリアの特徴を掴むことは、稼ぐ上でとても大切な経験値になります。エリア選定をして、効率のいい配達をしていきましょう。

 

 

[PR] フードデリバリー登録はこちら
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
Uber Eats
【国内屈指のフードデリバリー】
・わかりやすい配達システム
・配達初心者でも稼げる!
登録詳細記事を見る

出前館 【国内屈指のフードデリバリー】
・1配達平均 750円以上!
・業界屈指の高報酬!
登録詳細記事を見る

Wolt 初回注文(Web用)

レストラングルメや食料品、日用品を配達料金50円から、約30分でお届けするフィンランド発のデリバリーサービス!
Woltには地元で愛される名店から、定番の人気チェーン店、地域のスーパーやドラッグストアまで多くのラインナップ!

PR

おすすめのフードデリバリーサービス

 広告について
・当サイトの記事には、アフィリエイトやAmazonアソシエイトのリンクが含まれます。
>[PR] Uber Eats 配達パートナーを始めよう!

[PR] Uber Eats 配達パートナーを始めよう!

フードデリバリーの代名詞!初めての方でもやりやすいアプリ画面。フードデリバリーを初めてやるなら、まずはUber Eats!



CTR IMG