熊本県のUber Eats 配達(稼働)エリア

【最新版】熊本県のUber Eats 配達(稼働)エリア【配達パートナー】

プロモーションを含みます。

  • 【出前館】 6/6~6/12 対象店舗送料無料
  • 【Wolt】6/1~6/31 ケンタッキー500円割引
  • 【PR】 出前館配達員に登録

直近で注文需要が高そうなフードデリバリー(当編集部予想:6/12更新)
Uber Eats (3.5)
出前館 (3.5)
Wolt (2.5)
menu (2)
PR
デリバリー配達スタッフ募集
 「熊本県のUber Eats の配達エリアってどこ?

熊本県のUber Eats の配達可能エリアをまとめました。

現在、Uber Eats は配達エリアを拡大しているので、今までは配達エリアではなかったエリアも配達対象エリアになっているかもしれません。最新の熊本県配達エリアをまとめていますので、Uber Eats 配達パートナーを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

Uber Eats 配達パートナー募集

熊本県のUber Eats 配達(稼働)エリア

熊本県のUber Eats 配達(稼働)エリア

配達エリア
八代市・合志市・熊本市・菊陽町

熊本県のUber Eats の配達エリアは上記の通りです。自分の住んでいるエリアが配達可能エリアか不安な方は、一度、Uber Eats の注文アプリでお住まいの住所を入力して、注文エリア内かどうかをチェックしてみるといいでしょう!

[PR] Uber Eats 登録はこちら
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
Uber Eats
【国内屈指のフードデリバリー】
・わかりやすい配達システム
・配達初心者でも稼げる!
登録詳細記事を見る

Uber Eats の注文アプリで配達可能エリアをチェックする

Uber Eats の注文アプリで配達可能エリアをチェックする

  1. Uber Eats の注文アプリで、お住まいの住所を入力する
  2. お店が表示されれば、配達可能エリア

自分の住んでいるエリアが配達可能エリアかどうかを調べる簡単な手段として、Uber Eats の注文アプリで、お住まいの住所を入力してみるというものがあります。入力された住所でUber Eats の注文アプリで、お店が表示されれば、そのエリアはUber Eats の配達可能エリアだとチェックすることができます。

アプリDL:iPhone / Android

Uber Eats 配達パートナーとは

Uber Eats 配達パートナーとは

サービス開始 2016年9月
日本での運営会社 Uber Eats Japan合同会社
配達可能エリア 47都道府県
報酬支払い日 毎週水曜日(日曜日締め)
Uber Eats  https://www.ubereats.com/jp/
Uber Eats 配達パートナー https://www.uber.com/jp/ja/deliver/

Uber Eats は2016年9月に東京でサービスを開始しました。自転車や原付バイク等で注文者の元に商品を届けることが、基本的な業務内容になっています。ギグワークの代表的な存在で、決まった時間もなく仕事を行えるので、副業にも最適です。

現在では、全国47都道府県でUber Eats を注文できるようになったので、配達パートナーも併せて47都道府県で配達業務を行えるようになりました。

Uber Eats の基本的な配達するまでの流れ

フードデリバリー配達パートナーの配達の流れ

  1. 注文者が注文を入れる
  2. 加盟店に注文が入る受諾する
  3. ドライバーにオファーが通知。受諾する
  4. お店に向かう。お店は商品を準備する
  5. お店で商品を受け取る
  6. 商品を配達先に届ける

Uber Eats 配達パートナーの配達業務内容の流れは、「オファーを受諾する」「お店から商品を受け取る」「お届け先に商品を届ける」この一連の流れがワンセットになっています。この一連の流れを繰り返し、配達件数を伸ばしていくことで、配達パートナーに入る報酬が変わってきます。

配達パートナーになるために必要なもの

配達パートナーになるために必要なもの

配達車両 自転車・バイク・軽貨物
配達するための道具 スマホ・配達バッグ・スマホホルダー
配達スキル ある程度の接客・道路交通法の基本

Uber Eats の配達パートナーを始めるにあたり必要な配達アイテムは、自分自身で揃えなくてはなりません。「配達車両」「配達バッグ」「スマホ」「スマホホルダー」は最低でも揃える必要があります。

 配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテム【おすすめアイテムと必需品】

Uber Eats 配達パートナーを始めるための初期費用

配達パートナーを始めるための初期費用

配達車両 初期費用
自転車 6,000~6万円
バイク 6,000~35万円
軽貨物 6,000~135万円

Uber Eats の配達パートナーになるための初期費用は、配達車両やすでに配達に使えるアイテムを持っているかどうかで、初期費用がどれくらいかかるか変わってくるので、具体的な初期費用を知っておきたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 フードデリバリー配達パートナーを始めるのにかかる初期費用を徹底解説【Uber Eats /出前館】

報酬システム

報酬システム

報酬システム 概要
配送料 基本金額 配達で獲得する配送料の基準となる金額です。この金額は配達に費やす予定の時間と距離、および商品の受け取り場所や届け先が複数あるかどうかを基に算出されます。
配達調整金額

以下のような特定の状況において、基本金額に加えて配達調整金額が加算される場合があります。
・通常の目安よりも交通状況が混雑している場合
・通常の目安よりも商品受け取り場所での待ち時間が長い場合
・配達パートナーの数が少なく通常よりも配達の需要が高い場合

プロモーション クエスト 指定された一定の配達件数をこなすと貰える特別報酬
ブースト 配送料の基本料金を、ご注文の多い時間や場所において、一定の倍率(1.1倍、1.4倍など)で増額する仕組みをブーストと呼びます
ピーク料金 注文が多い時間とエリアにおいて、配達ごとに発生する追加報酬をピーク料金と呼びます。
その他 チップ 注文者から獲得したチップは、他の配達報酬と同様に明細に反映されます。

Uber Eats の報酬システムは、大きく分けて2種類「配送料」と「プロモーション」によって報酬金額が決まります。プロモーションの中でも、クエストやブースト、ピーク料金は、配達エリアや時期、時間によって報酬額が変動します。ですので、より人が多く住んでいるエリアで配達するとその分、売上を高くすることができます。(需要が高いため)

 Uber Eats の配達報酬の仕組みを徹底解説【クエスト&ブースト】

Uber Eats 配達パートナーの登録するために必要なもの

Uber Eats 配達パートナーの登録するために必要なもの

登録に必要なもの
必要な書類・情報 ・身分証明書
・プロフィール写真
・銀行口座
・etc
募集条件 ・18歳以上(高校生も可)
配達車両 ・バイク/軽貨物はナンバープレート、保険証の提出が必要になるので、事前に配達車両を確保しておくことが必要

Uber Eats 配達パートナーに登録するためには、用意しておく書類等があるので、事前に準備しておきましょう。自転車で配達を考えている方は、登録書類が少ないのですぐにでも登録をおこなえるでしょう。

バイクや軽貨物で配達を考えている方は、ナンバープレートや保険証の提出もしなければならないので、前もって準備しておきましょう。

必要な書類・情報

必要な書類・情報

必要な書類
共通 ・身分証明書
・プロフィール写真
・銀行口座
自転車 上記のみ
原付バイクまたは軽貨物 ・運転免許証
・自賠責保険
・ナンバープレートの写真
・(任意保険)

配達車両によって、提出する書類は異なります。共通して提出する書類が「身分証明書」「プロフィール写真」「銀行口座」の3つになります。

また、プロフィール写真はUber Driverアプリで定期的に自撮りチェックが入るので、写真加工アプリでプロフィール写真を加工することはやめておきましょう。

募集条件

募集条件

  • 18歳以上(※年齢の上限はない)

Uber Eats の配達パートナーは高校生からでも登録することができます。ただし、学生証では登録できず、身分証明書等の身分がわかる証明書が必要になります。

配達車両

配達車両(自転車・バイク・軽貨物)

Uber Eats の配達登録ができる車両は自転車・バイク・軽貨物の3種類です。バイクと軽貨物は、登録時に保険証やナンバープレートの提出が必要になります。

 フードデリバリー配達パートナーを始めるのにかかる初期費用を徹底解説【Uber Eats /出前館】

Uber Eats 配達パートナーに登録方法とその流れ

Uber Eats 配達パートナーに登録方法とその流れ

  1. 公式サイトから「配達パートナーに登録する」
  2. 配達車両を選択する
  3. 必要な書類を提出
  4. 認証されたら、配達パートナーとして業務開始ができる

Uber Eats 配達パートナーの登録は、先ほど紹介した登録に必要なものを用意しておけば、10分もかからないで、配達パートナーに登録することができます。提出書類に不備がなければ、3日以内に配達業務を開始することができるでしょう。

❶公式サイトから「配達パートナーに登録する」

公式サイトから「配達パートナーに応募する」

  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 電話番号
  • 登録を希望する都市
  • 紹介コード(任意)

 Uber Eats 配達パートナー登録ページ

Uber Eatsの配達パートナーの登録ページにて、必要な情報を入力します。

❷配達車両を選択する

配達車両を選択する

  • 自転車
  • 原付バイク(125cc以下)
  • 原付バイク(125cc以上)または軽貨物

配達車両を選択します。配達車両は途中で変更できますが、変更するにも時間がかかるので、早くUber Eats で配達したい方は、しっかり配達車両を選びましょう。

❸必要な書類を提出

必要な書類を提出

必要な書類
共通 ・身分証明書
・プロフィール写真
・銀行口座
自転車 上記のみ
原付バイクまたは軽貨物 ・運転免許証
・自賠責保険
・ナンバープレートの写真
・(任意保険)

選択した、配達車両によって、提出する書類が異なります。自転車であれば、提出書類は少なくてすみますが、バイクや軽貨物は、ナンバープレートや自賠責保険が必要になるので、手元に用意しましょう。すべて写真での提出になります。

❹認証されたら、配達パートナーとして業務開始ができる

認証されたら、配達パートナーとして業務開始ができる

  • 不備がある書類は再提出
  • 提出された書類が、認証されたら業務開始

提出した書類に不備があれば、再提出するようにアプリ上で通知されます。再提出もなく提出書類が認証されれば、早くても3日以内から、配達業務を開始できます。書類認証に時間がかかれば、かかるほど、配達業務開始まで時間がかかってしまうので注意しましょう。

[PR] Uber Eats 登録はこちら
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
Uber Eats
【国内屈指のフードデリバリー】
・わかりやすい配達システム
・配達初心者でも稼げる!
登録詳細記事を見る

Uber Eats 配達パートナーの始め方

Uber Eatsアプリの配達するまでの全体図

  1. アプリにオンラインして、オファーが入るのを待つ
  2. オファーが提示され、問題なければ受諾する
  3. お店に向かい、商品が出来上がっていれば受取る
  4. お届け先に向かい、商品を渡して配達完了

すべての書類が認証されれば、晴れてUber Eats 配達パートナーとして配達業務を開始することができます。

Uber Eats 配達パートナーの始め方は、オファーを受諾することから始まります。配達から配達完了までの一連の簡単に紹介しているので、参考にしてください。また、配達に使用するUber Driverアプリについては、別記事の方でまとめてあるので、そちらも併せてご覧ください。

 【Uber Eats の配達の流れ】Uber Driverアプリの使い方と配達フローをわかりやすく解説

❶アプリをオンラインにし、オファーが入るのを待つ

アプリをオンラインにし、オファーが入るのを待つ

  • オファーは、オーダーの入った加盟店に近い配達パートナーに優先して、提示される

Uber Driverアプリを起動させ、配達受付のオンライン状態にしたら、まずは加盟店が多く揃っている駅周辺に向かいましょう。オファーは、注文の入った加盟店に近い配達パートナーに優先して提示されます。

❷オファーが提示され、問題なければ受諾する

オファーが提示され、問題なければ受諾する

オファー内容
見積もり金額 ・見積もり金額は、変動することがあります
加盟店名とその住所 ・商品を受けとる加盟店
・加盟店の住所
・加盟店の位置情報
お届け先 ・お届け先住所(一部)
・お届け先の位置情報(Androidのみ)

提示されたオファーには、その配達で得られる報酬の見積もり金額や、商品を受けとる加盟店名とその住所、お届け先住所を確認することができます。このオファーは絶対、受諾しないといけないわけではなく、配達パートナーの判断で、このオファーを受諾するか選択することができます。

特に自転車配達パートナーは、お届け先が遠いと大変なことになるので、しっかりオファーのお届け先を確認するといいでしょう。

❸お店に向かい、商品が出来上がっていれば受けとる

お店に向かい、商品が出来上がっていれば受けとる

  1. 店舗スタッフに「注文番号」を伝える
  2. 商品を受けとる
  3. 「配達を開始する」をスライドする

お店に着いたら、店舗スタッフに「注文番号」を伝え、商品を受け取ります。この時にお店の混雑状況を確認しながら、いいタイミングで声をかけられるようにしましょう。

 【配達パートナー】商品を受け取る時や渡す時・注文者に電話する時に使えるトークマニュアル【Uber Eats /出前館】

❹お届け先に向かい、商品を渡して配達完了

お届け先に向かい、商品を渡して配達完了

  1. 商品をお届け先まで配達
  2. 注文者に商品を渡し、配達完了

お店から商品を受け取ったら、お届け先まで商品を配達します。お届け先はUber Driverアプリで地図アプリが連動できるので、その機能を使って向かいます。注文者への配達の仕方は3種類あります。

配達方法は3種類
対面で受け取り 注文者に対面して、商品を渡す
置き配 注文者に指定された場所に商品を置いて、その写真を撮影
現金対応 現金決済の注文者にお会計を済ませ、商品を渡す

現金決済の注文者に対応しなければ、「対面で渡す」と「置き配」の2種類になります。

指定の配達方法で配達が終われば、1件目の配達業務は完了です。また、次のオファーが入るのを待ち、オファーを受諾したら、このような一連の流れをこなしていくことになります。

 現金対応に便利な配達(釣り銭)アイテムをご紹介【Uber Eats /出前館】

Uber Driverアプリの使い方

【Uber Eats の配達の流れ】Uber Driverアプリの使い方と配達フローをわかりやすく解説

  1. 「出発」をタップして配達受付開始
  2. 必要なアクション
  3. オファーが入ってくるのを待つ
  4. オファー受諾後画面
  5. オファーの詳細画面
  6. お届け先画面
  7. お届け先の詳細画面

Uber Eats の配達業務で必須になるUber Driverアプリについては、別記事にてわかりやすく解説しているので、そちらを参考にしてください。

 【Uber Eats の配達の流れ】Uber Driverアプリの使い方と配達フローをわかりやすく解説

配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテム

配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテム

揃えておきたい配達アイテム 使い方
配達バッグ 商品を配達するのに入れるバッグ。保温保冷機能がついてるバッグを使用しましょう。
スマートフォン フードデリバリーのアプリを使うのに必要です。
スマホホルダー スマホを自転車やバイクに固定するために必要です。
モバイルバッテリー 配達中にスマホの充電が切れたら一大事です。モバイルバッテリーは持ち運ぶようにしましょう。
サバイバルシート バッグに入れた商品の隙間を埋めるのに活躍します。タオルなどで代用可。
緩衝材 バッグの底に仕込めば荷崩れ防止や隙間埋めにも役立ちます。

配達パートナーを始めるのに必ず必要になるのが「配達バッグ」と「スマートフォン」です。それ以外の配達グッズも配達するのに非常に役立つので、すべて揃えておくことをオススメします。

 配達パートナーを始めるのに揃えておきたい配達アイテム【おすすめアイテムと必需品】

稼働エリア選定の基本知識

【フーデリ配達初心者必見】稼働・配達エリア選定の基本知識を身につけよう!【稼ぐ/配達のコツ】

エリア選定の基本知識
ピックしやすいお店 ・路面店
ピックしにくいお店 ・空中階店舗
・駅ビル
・ショッピングモール
注文が多く入るエリア ・大学付近
・集合住宅
・タワーマンション
配達効率が落ちるエリア ・踏切
・信号機が多い
路線で選ぶ メジャー路線であれば、その線路沿いだけで十分稼働エリアになりえる

Uber Eats で稼ぐために重要になってくるのが「エリア選定」です。まずは、エリア選定する上での基本知識を身につけ、これらの条件は基準に稼働エリアを決めていきましょう。特に路面店が多いエリアは、稼げるエリアである可能性が高いので、稼働している時にお店の特徴もチェックしておくことが大切です。

 【フーデリ配達初心者必見】稼働・配達エリア選定の基本知識を身につけよう!【稼ぐ/配達のコツ】

エリア立ち回り戦術4選

【配達のコツ】配達パートナーの立ち回り戦術4選【組み合わせて稼ごう!】

立ち回り戦術 配達初心者オススメ度 内容
マクドナルド専門戦術 マクドナルドを中心に配達する立ち回り
ピストン戦術 メインエリアを中心に配達する立ち回り
3エリア戦術 3つのエリアを中心に配達する立ち回り
広範囲エリア戦術 広範囲にエリアを絞らず配達する立ち回り

Uber Eats の立ち回りは、大きくわけて4つあります。配達初心者はまず「マクドナルド専門戦術」と「ピストン戦術」を使って、エリアの特徴を掴んでいきましょう。配達に慣れてきたら、「3エリア戦術」や「広範囲エリア戦術」も使っていくといいでしょう。

 【配達のコツ】配達パートナーのエリア立ち回り戦術4選【組み合わせて稼ごう!】

PR

まとめ:Uber Eats 配達パートナーで時間を有効的に使おう!

Uber Eats 配達パートナーの最大の強みは、自由な時間に働けるということです。

シフトや勤務時間がないので、自分の空いている時間に働くことも可能です。まずは、1件目を配達することが肝心です。配達業務自体はシンプルでわかりやすいですが、しっかり配達効率を意識しながら、配達することで、売上を伸ばすことができます。

エリア選定や立ち回り、配達業務の改善等をし、より良いデリバリー生活を体験しましょう!

 

[PR] Uber Eats 登録はこちら
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
Uber Eats
【国内屈指のフードデリバリー】
・わかりやすい配達システム
・配達初心者でも稼げる!
登録詳細記事を見る

Wolt 初回注文(Web用)

レストラングルメや食料品、日用品を配達料金50円から、約30分でお届けするフィンランド発のデリバリーサービス!
Woltには地元で愛される名店から、定番の人気チェーン店、地域のスーパーやドラッグストアまで多くのラインナップ!

PR

おすすめのフードデリバリーサービス

 広告について
・当サイトの記事には、アフィリエイトやAmazonアソシエイトのリンクが含まれます。
>[PR] Uber Eats 配達パートナーを始めよう!

[PR] Uber Eats 配達パートナーを始めよう!

フードデリバリーの代名詞!初めての方でもやりやすいアプリ画面。フードデリバリーを初めてやるなら、まずはUber Eats!



CTR IMG